CatchVoice キャッチボイス

家電製品に挑戦!!Made in YAMAGATAで挑む、社員の声から生まれた。アクリル板越しでの会話をスムーズにする対面式スピーカーフォンCatchVoice(キャッチボイス)。

オミクロン株の感染拡大で、問題再燃!誰でも使えるウィンドウスピーカー。

2022年2月10日のプレスリリースはこちらからダウンロード可能です。

「聞こえたふり」をした経験がある人が86%も

アクリル板の設定が当たり前になっている昨今、相手の声が聞こえなく、「聞こえたふり」をした経験がある人が86%以上という結果が示されています。また、アクリルパネル越しでさらにマスクをした相手の声が聞き取りづらいと感じた経験がある人も8割以上に。(ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 聴脳科学総合研究所調べ 20〜70代男女計1000名を対象)

この不便を解消するアイテムがキャッチボイスです。

キャッチボイスのパンフレットはこちらよりダウンロードできます。 ダウンロード

 

取扱説明書ダウンロード ご使用の手引きダウンロード

大きな会場での商談会。会話をするのに相手との間に障害物がある。

アクリル板越しで、さらにお互いマスクをしていて、あまり内容が伝わってこない。初対面で何度も「もう一度お願いします」と言っていたら相手が不機嫌になってしまった。そんなことを最近営業さんから言われていて何とかならないかと試行錯誤してやっと製品になりました。

お取り引き企業様の会議室に置いていただきました。

・キャッチボイスを置いて、パーテーションでの話合いでも相手の声が聞きやすくなりました。

・音圧もあり、聞きやすいです。ケーブルが無いので邪魔になりません。

などの感想をいただいております。

 

企業様には、1週間程度で、デモ機を貸し出ししております。(返送料のみご負担お願いします。)

 

 

キャッチボイスのご注文やお問合せはこちらからお願いします。

Yahoo!ショッピングでキャッチボイスのご購入はこちら

アマゾンでキャッチボイスのご購入はこちら

お問合せや大量購入のご相談はこちら

多くのお問合せを頂戴しており、折り返しに時間がかかることがございます。ご了承ください。

 

 

 

アクリル板越しでも会話がスムーズに。「アクリル板で相手の声が聞こえない」「パーテーションでお客様の声が聞こえない」。そんな悩みを解消します。アクリル板で聞こえにくい対策に。

 

Catch Voiceの特徴

Catch Voiceは話し手の声をマイクで拾い、聞き手側のスピーカーから声の高い音の成分を主に出します。
これによってパーテーションによって遮られる高い音を話し相手に伝えることで、子音が聞こえやすくなり言葉が聞き取れるようになります。

キャッチボイスはこんな時に便利です

  • 営業でお客様訪問の時、相手の声がアクリル板で良く聞こえない時。 ビジネスマンの必須アイテムに

  • アクリルパーテーションのある銀行の窓口

  • 薬局の窓口で 大事な話を聞こえやすく

  • 介護施設での面会時に おじいちゃん、おばあちゃんとの会話も弾みそう

  • 軽くて小さいのでバッグに納まり、USB充電式で、電池や電源は持ち歩きません!

  • 窓口や飲食店で友人との会話、施設などでアクリル板やパーテーション越しの会話で“聞こえたふり”をしている方

 

キャッチボイスを使った感想

山形工場のある山形県村山市役所様に置いていただいております。窓があるアクリル板では、ハウリングが発生します。本体同士をアクリル板で挟む必要があるのですが、このようにキャッチボイスの箱の上にキャッチボイスを置くことでクリアな声が聞こえるようになります。

・キャッチボイスを使っていなかった時は特にお年寄りの声が聞き取りづらかったのですが、キャッチボイスを使った場合、とても聞き取りやすくなりました。

・コンパクトで邪魔になりません。キャッチボイスはUSBで充電しながらずっと使えるので、声が聞こえないストレスが無くなりますね。

 

千葉県にある歯医者さんでも設置いただいております。こちらはビニールのパーテーションを上から覆っている受付です。

 

旭歯科クリニックさん

声を大きく聞こえやすくします。と表示をしてくれています。

 

 

ご高齢の方との会話も聞き取りやすく設計しており、話も弾みます。

 

キャッチボイスのご注文やお問合せはこちらからお願いします。

Yahoo!ショッピングでキャッチボイスのご購入はこちら

アマゾンでキャッチボイスのご購入はこちら

お問合せや大量購入のご相談はこちら

 

 

企業様には、1週間程度で、デモ機を貸し出ししております。(返送料のみご負担お願いします。)

 

 

CatchVoiceをOnにした時とOffにした時の聞こえ方の違いを検証

 

アクリル板越しの聞こえにくい会話を再現し、CatchVoiceをOFFにした場合とONにした場合の声の聞こえ具合を検証してみました。

子音がクリアに聞こえてくるのが分かります。

CatchVoiceの動作・構造

スピーカーから出た音をマイクが拾い、その音をスピーカーから出すとまたマイクが拾い、これを繰り返すとだんだんと音が大きくなり「ピー」という音や「キーン」という音が発生します。
これをハウリングと呼びます。CatchVoiceはマイクの隣にスピーカーがありますので、そのままではすぐにハウリングが発生します。
そのためパーテーションを挟んだ両方の声の大きさを比較し、声の大きい方だけをスピーカーから出すことでハウリングを防いでいます。
ただこの機能だけだとまだ不十分で、音量を上げるとマイクが反対側のスピーカーの音を拾ってしまいハウリングが発生します。
スピーカーから出た音は高い音ほど拡がらず真っ直ぐ伝わる性質がありますので、主に高い音をスピーカーから出すことで反対側のマイクへの音の回り込みを少なくしてハウリングを抑えています。
その他にも様々なデジタル信号処理技術によってハウリングを抑えると同時に、小さな声は大きく出したり音の高さによって音の大きさが変わらないよう補正するなどして言葉が聞き取りやすい音を実現しています。

Yahoo!ショッピングはこちら

アマゾンはこちら

お問合せや大量購入のご相談はこちら

 

 

企業様には、1週間程度で、デモ機を貸し出ししております。(返送料のみご負担お願いします。)

 

 

持ち運びに便利でUSB充電式

ビジネスマンにとっては初対面での打ち合わせは緊張するものです。それなのにアクリル板とマスクをしていることで、さらに声が聞こえづらくなりますよね。

大事な打ち合わせの時は、このCatchVoiceを持って出かけましょう!

サイズもコンパクトで、軽く、バックに入れられる大きさです。また、USB充電で1回の充電で最長5時間使用可能です。(使用環境によって変わります。)

 

ごちゃごちゃしたケーブルはありません。

CatchVoiceは、ケーブルが内部に隠れているため、ごちゃごちゃしたケーブルは一切ありません。たとえば病院の受付や、薬局、スーパーのレジなどでも使えます。

 

360度回転する軸

4軸あるCatchVoiceは、360度回転します。アクリル板の上に付けてもOK、アクリル板の下を通してもOK。横にも取り付けることが可能です。

 

コロナ禍で変わった人との話し方

コロナ禍で始まった今までにないアクリル板越しでの会話。話す相手が遮蔽物の後ろにいる状況で何とか使いやすく良い製品を作ろうと考えました。大きなスピーカーとマイクのCatchVoice1号機は、社内での反応が悪く、1年かけて、さらに改良を重ねた2号機販売しております。

 

バッテリー:リチウムイオンポリマーバッテリー 3.7V/1000mAh

USB端子:マイクロUSB タイプBジャック

マイクロホン: 型式:エレクトレットコンデンサー型
指向性:無指向性
周波数特性:100Hz~20kHz

スピーカー: サイズ:35mm x 20mm
周波数特性:20Hz~20kHz

パワーアンプ: 実用最大出力:0.5W

製品サイズ:W134xD45xH70mm(閉じた時、突起部含まず)

付属品:USBケーブル 30cm x 1 (タイプAプラグ/マイクロUSB タイプBプラグ)

 

 

 

キャッチボイスと他社製品との比較

 

 

LEDと電源状態
電源状態 LED状態
オフ    消灯
オン   緑
電池残量少 緑点滅(残量約30%)
充電中  赤(電源オフ)
充電完了 青(電源オフ)
充電中  橙(電源オン)
充電完了 空色(電源オン)

特許出願中です。

希望小売価格 22,000円(税込)

Yahoo!ショッピングでキャッチボイスのご購入はこちら

アマゾンでキャッチボイスのご購入はこちら

お問合せや大量購入のご相談はこちら

キャッチボイスの使い方

キャッチボイスは、電源をOnして、ボリュームで調整するだけ。あとはアクリル板の上にぶら下げたり、アクリル板の下からでも使えます。

 

 

本体同士をつなげている部品は4つの軸で構成されているので、様々な組み合わせで使用することが可能です。

お年寄りでも使いやすく、電源スイッチとボリュームのコントロールだけ。介護施設などでアクリルパーテーションが日常になって会話や声が伝わらなく、一度使ってみたいという方も増えております。

キャッチボイスのご注文やお問合せはこちらからお願いします。

お問合せや大量購入のご相談はこちら

Yahoo!ショッピングはこちら

アマゾンはこちら

 

 

取扱説明書ダウンロード ご使用の手引きダウンロード

 

多くのお問合せを頂戴しており、折り返しに時間がかかることがございます。ご了承ください。

ピンクノイズで測定しました。

青い線がアクリル板が無い時、緑の線がアクリル板ある時

オレンジの線がアクリル板越しでキャッチボイスを付けた場合です。

キャッチボイスはアクリル板が無い時よりも音が聞こえやすい帯域があります!

アクリル板が無い時よりもさらに子音の帯域が聞こえやすくなります!高齢者にもおすすめです。

 

アクリル板の上からキャッチボイスを使用する場合も様々なアクリル板に対応可能です。

 

2022年2月10日に川口市合同プレス発表会でキャッチボイスを発表しました。

プレスリリースについてはこちら

 

 

パーテーションが有ると言葉が聞き取れない原因

音声は低い音を多く含む母音と、高い音を多く含む子音から成り立っています。

パーテーションが無いと低い音から高い音まで満遍なく相手の耳に聞こえます。

パーテーションなしの場合

 

パーテーションが有ると高い音は遮られ小さくなります。

パーテーション有の場合

パーテーションが有ると高い音が小さくなるため子音が聞こえにくくなり、言葉が聞き取れなくなります。
マスクも同様に高い音を遮りますので、マスクをするとさらに聞き取れなります。

 

お問合せや大量購入のご相談はこちら

Yahoo!ショッピングはこちら

アマゾンはこちら

 

プレスリリースはこちら

https://www.atpress.ne.jp/news/284399

Newsweek

https://www.newsweekjapan.jp/press-release/2021/11/catchvoice1112.php

毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20211111/pls/00m/020/103000c

読売新聞

https://yab.yomiuri.co.jp/adv/life/release/detail/284399.html

山形新聞

https://www.yamagata-np.jp/news/202111/30/kj_2021113000631.php

yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef7216a7f5bd18390f4b39c58cbffe609a18632f

ノアドット

https://nordot.app/838608218151895040

サンスポ

https://www.sanspo.com/geino/news/20211201/prl21120112000165-n1.html

LINEニュース

https://news.line.me/articles/oa-rp20153/doq0brlc50kt

excite.ニュース

https://www.excite.co.jp/news/article/Atpress_288105/

@nifty ビジネス

https://business.nifty.com/cs/catalog/business_release/catalog_atp288105_1.htm

ニコニコニュース

https://news.nicovideo.jp/watch/nw10205912

朝日新聞デジタルマガジン&

https://www.asahi.com/and/pressrelease/412015461/

日刊工業新聞

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/621296

 

企業様には、1週間程度で、デモ機を貸し出ししております。(返送料のみご負担お願いします。)

 

 

 

キャッチボイスのご注文やお問合せはこちらからお願いします。

Yahoo!ショッピングでキャッチボイスのご購入はこちら

アマゾンでキャッチボイスのご購入はこちら

 

注文やお問合せは下記からでも可能です。

 

お問合せやご注文のフォームです。

ご注文お問合せデモ機貸出

お名前 (必須)

電話番号(必須)半角数字

メールアドレス (必須)

住所

キャッチボイスの個数

パーテーションに窓はついていますか?(有りの場合、備考欄に窓の高さを記入してください。)
有り無し

備考

ご注文、お問合せを多数いただいております。順番にご回答しておりますが、2営業日以内にご連絡が無い場合、再度お問合せをお願いします。

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認