ご挨拶

当社は1970年(昭和45年)から株式会社領家化学としてプラスチック製品を作っております。1991年(平成3年)11月には、社名を「株式会社リョウケ」と変更し、21世紀に向けて新しい出発をいたしました。近年の私たちのライフスタイルの変化には目を見張るものがあります。その時代の要請に応えるように、プラスチックもあらゆる分野で発展、変化をしています。

当社はこの変化と時代の要求に応え、創造力をもって、より良い夢のある製品作りを目指していますが宇宙の時代とも言われる未来に向けて、一層の情熱と英知を結集して社会への貢献度を高めるよう、たゆまぬ挑戦をして行きます。社会に貢献することは当然のこと、大切な社員一同に対しても”幸福になろうよ”を合い言葉に、社員の意識改革、自己改革を図っております。会社という足元を見直すことと併せて、皆様に喜ばれる製品を作りたいと努力を続けてまいります。何卒、これからも当社に対し、変わらぬご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

当社はあらゆる条件にもっとも適した製造方法によるさまざまなプラスチック製品を提供しており、山形工場ではブロー成形のほか、射出成形も行っております。工業用部品・容器、家庭用雑貨、医療容器、美容用品、販促品、そして水泳コースロープなどの幅広い分野に広がる当社の製品は、高水準の設備と洗練された技術により生まれます。

presidentsign