ブロー成形とは?(中空成形とは)

ブロー成形とは(中空成形とは)、ペレット状のプラスチック原料をブロー成形機にて溶かして、パイプ状にします。これを通称パリソンと呼びます。パリソンは上から下にでてくるのですが、このパリソンを製品の外側のみ彫られている金型で挟み込み、中に空気を吹き込みます。この空気で膨らませて製品を作ることがブロー成形です。金型内で冷却されたものが、製品形状となります。ブロー成形の場合、必ずバリと言われる不要部分がつきます。このバリを取り払うと、ブロー成形品となります。
使用用途として、化粧品、洗剤などの容器類、灯油缶、パイプ、ダクトなど、建材など、自動車用ダクト、ホース、サスペンションなどのカバー、また、コースロープなどのスポーツ用品、医療用タンク容器、工業用タンクカバー、農機具用タンク、球場、体育館のベンチなど、他にもさまざまな分野に使われています。

ブロー成形の原理

ブロー成形の原理は、吹きガラスのイメージです。ブロー成形機は押出成形機と型締装置から成り立っています。押出機でプラスチック原料をホッパーから入れ、シリンダーおよびシリンダー内のスクリューを通して、ヒーター熱で溶融し、混り込みダイホルダー内に流し、ダイホルダー内のダイス、ノズルの間を通して、パイプ状にします。これはパリソンと呼ばれています。

ブロー成形_プラスチック原料ダイホルダーは単頭式、双頭式、4頭式などがあり、作るブロー成形製品の数量やブロー製品の形状および重量、製品の大中小の大きさ、原料の種類などにより、ブロー成形小型機、中型機、大型機の機械を選別し、押出成形機を決めて、最良の機械種類にて成形する。

 

 

ブロー成形_金型出てきたパリソンは型締装置(エアブローの圧力で金型が開かないような強い力で金型を締め付け、樹脂が冷却・固化した後、金型を開いて成形製品を取り出す機能を持っている)によりパリソンを金型で両側(または3方向、4方向)から挟み込みます。

 

 

ブロー成形_製品空気(エアブロー)を金型構造、および製品形状により、上・下・横・背板から吹き込みして、ブロー金型内で製品を冷却(水冷)し、製品をブロー成形金型から取り出すと、製品形状になります。

 

 

 

ブロー成形_バリブロー成形の場合、必ずバリといわれる不要な部分が製品に付いてくるので、このバリを取りはらうとブロー成形製品の完成になります。

また、製品の重量はダイス・ノズルの間隔調整により決定し、微調整はパリソンコントローラやアキュームレターなどで調整します。

ブロー成型機械の一般的な呼び名はスクリュー外径で40m/m、45m/m、50m/m、60m/m、75m/m、90m/m、100m/m、120m/mなど呼ばれている。スクリュー径が小さければ押出量が少なく、径が大きくなれば押出量が多くなるので、ブロー成形製品の重量。製品の形状によって使用する機械が別れます。
また、型締装置も機械に合ったものを使用しているのがブロー成形です。

ブロー成形の特質

金型製作費用が射出成形金型と比べて安価です。

ブロー成形製品(中空成形製品) 
自動車・車両製品工業用品
薬品化学容器・工業用容器食品容器
家庭雑貨用品水泳コースロープ製品
景品・販売促進品キャラクター製品健康・美容器具関連用品
工業部品容器ジャバラ
ポリカーボ樹脂生分解樹脂
工業用部品容器・ビン
20L工業缶飼育容器
ポリ容器スプレー容器

ウィキペディア(Wikipedia)「ブロー成形」の投稿は、株式会社リョウケによるものです。